BIOGRAPHY

MITSUNOBU INABA 

Born in 1977
A photograph studio works as a photographer from early 20s.
The photography number of people by the work more than 10,000 people.
The photo studio management.
Photobook show election. A collection of photographs is displayed in British Gbookshow  2014
The activity as the artist  2017
an official site  2017


稲葉光宣

いなば みつのぶ

1977年生まれ
20代前半からフォトグラファーとして写真スタジオ勤務
仕事での撮影人数は1万人以上
写真館経営もしている
2014年 Photobookshow選出・イギリスGbookshowに写真集展示
2017年よりアーティストとしての活動を開始する
2017年にオフィシャルサイトを立ち上げる

STATEMENT

 
The art is unnecessary in living as biology. I think that the art is not necessary to maintain a cell as the body. But a human being needs art. Why is it necessary?
A human being has a heart and thinks it to be because the invisible cell called the heart wants art.
And nourishment is gone around to the human being who mentioned art to the every corner of the cell of the heart.
When music, a picture, a photograph, a sculpture, a fashion, a dance, drama, a movie, an animation, an animated cartoon, etc, a creative thing become the nourishment of the heart as a nourishment source of the heart and do the life more wealthily, I believe it

Mitsunobu Inaba

 

芸術は生物として生きていく上で必要のないものです。肉体としての細胞を維持するのに芸術は必要ないと思います。ただし、人間には芸術が必要です。なぜ、必要なのでしょうか?
それは、人間には心があり、心という目に見えない細胞が芸術を欲しているからだと思います。
そして、芸術に触れた人間は心の細胞の隅々まで栄養が行き渡ります。
心の栄養源として音楽、絵画、写真、彫刻、ファッション、踊り、演劇、映画、動画、アニメなどクリエイティブなものが心の栄養となり人生をより豊かにしてくれるものだと信じています。
稲葉光宣